クレカの用意はOK??サウンドトラックを予約なしで買うならココっ~!パラダイス

一生思い出に残る名場面、トトとおじいさんの名場面。やっと手に入れました。何回も聴き入っています。

コチラです!

2018年01月11日 ランキング上位商品↑

パラダイス オリジナル サウンドトラックニュー・シネマ・パラダイス【完全盤】 [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

詳しくはこちら b y 楽 天

全曲を聴きたくなり!検索していたら!このアルバムに出会いました。エンリオモリコーネの1曲を他のアルバムで聴いたとき、曲の美しさにうっとりしました。映画も素晴らしいですが!音楽も同じぐらい素晴らしいです!曲を聴いているだけで泣けてきます。自分の今まで見た映画の中でのベスト1かな。思い通りすばらしい曲想にうっとりです。テレビ番組でバックに流れていたのを聞いて懐かしくなり、もう一度ちゃんと聞きたくなったのですが、完全版が見つかってよかったです。目を閉じれば!キスのフィルムシーンや!パラダイスのドッカーンのシーンがよみがります。 それからかなりの月日が流れ!「ネッラ・ファンタジア」(←これもエンニオ・モリコーネの作曲。映画も良かったですが!音楽もやっぱりいいですわ。この音楽を聴くたびにいろいろなシーンがよみがえるとともにあのラストシーンが浮かんできます。 静かな楽曲が多く!落ち着けます。とても良かったです。。年を重ねるごとに人生の重みを感じますね〜。メロディーも今でも鳥肌ものです。エンリオモリコーネすばらしい!!!収録曲の第18番目「トトとアルフレード」をBGMで流していた乗用車のコマーシャルがオンエアされたのはいつのことだったでしょうか…。…聴くたび!映画の内容と相俟(あいま)って!自己の昔日の思いに目を細めています。原題は「ガブリエルのオーボエ」)が聴きたくて購入したジョルジア・フマンティ「情熱のディーヴァ」中に収録されていました哀愁漂う「愛のテーマ」がニューシネマパラダイスの楽曲であったことを知り!先述の「トトとアルフレード」も併せて聴きたくなりこのCDを購入したような次第です。つい、愛のテーマとトトとアルフレードのテーマの曲が聴きたくなって購入しました。時々聞きたくなり聞くとほっとする曲がいっぱいです。